Uber Eats

UberEats配達員に登録するには?全手順をわかりやすく解説

ども、休日にウバ活を楽しんでいるタクミです。

『もっと、休日にもできる副業したい!!』

と思ってつい先日、UberEatsの配達員に無事就任することができました。

そういえば最近になって、どんどんUberEatsを隙間時間に取り組む人が増えてきたと思うのですが未だに

うーん、登録方法とか難しそうだなぁ・・・お金とかかからないの?

と行動出来ていない方は多いんじゃないのでしょうか?

 

配達パートナーの手続きは簡単・無料!

 

と、手続きはとっても簡単なので興味があるなら始めてみましょう!

 

この記事では実際に、僕がUberEatsの配達員になる為に行った全手順が分かります!

これから、UberEatsの配達員を始めるときに参考にしてみてください!

UberEatsの配達員になるの為の手順と条件

 

配達員になるための3ステップ

①アカウントの作成

②必要書類の提出

③パートナーセンターでアカウントの有効化

まず、UberEatsの配達員になる為には上記の手順を踏む必要があります。

1つずつ解説を行っていきます。

①アカウント作成方法

①メールアドレス

②名・性(ローマ字入力)

③電話番号(携帯番号でも可)

④パスワード(今後のサイトログインに必要になります)

⑤登録都市設定(東京・横浜・川崎・大阪・埼玉・千葉・名古屋・福岡)

※↑配達が出来ない都市を選ぶと登録は出来ません。

①軽自動車またはバイクでの配達(これは実質不可能なので選択から除外)

②自転車で配達

③原付バイクで配達

実際に配達パートナーとして、どの移動手段を使うかを決めます。

一番多いのは②と③の【自転車で配達】と【原付バイク】での配達とのこと。

①の【軽自動車または125ccバイク】を選ぶ人はほとんどいないそうです。(ウーバーの配達員をするのには、とっても非効率だから)

後から変更することもできますが、最初に配送手段が決まっていれば選択しておきましょう。

上記にチェックマークを入れて、【同意して続行する】を選択してアカウントの作成の初期手順は終了です。

 

②個人の必要書類をアップロード

必要書類

①プロフィール写真(後でログインマイページにも使用)

②身分証(パスポート・運転免許証・マイナンバーカード・住民基本台帳カード)

証明写真は、アカウント作成後のログイン画面や実際に配達する際に、お客さんが確認する管理画面にも使用されます。(後で変更可能)

提出書類は【自転車配達】【原付バイク】【125cc超えバイク】の車種によって異なります。詳細はこちら

 

③最寄りのパートナーセンターでアカウントを有効化する

※必要書類をアップロードして2~3日経過すると、上記のようなメールが届きます

写真付き身分証明書を用意して、最寄りのパートナーセンターでアカウントの有効化をしてもらえば、ドライバーとしてすぐに活動をすることが出来ます。

【東日本エリアのパートナーセンター】

恵比寿パートナーセンター:営業時間:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00

東京都渋谷区恵比寿1-25-1 NAGAHAMAビル 5F

 

秋葉原パートナーセンター:営業時間:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00

東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 4F

 

新宿パートナーセンター:営業時間:月〜火・木〜土(祝日含む)12:00〜19:00

東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 3F

 

横浜パートナーセンター:営業日:月・水・土(祝日含む): 12:00〜19:00

横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A

 

【西日本エリアのパートナーセンター】

心斎橋パートナーセンター:営業時間:月〜日 12:00〜19:00

住所:大阪市中央区南船場4-4-21 りそな船場ビル604

 

京都パートナーセンター:営業時間:木〜土 12:00〜19:00

住所:京都市下京区金換町109-1

 

神戸パートナーセンター:営業時間:木〜土 12:00〜19:00

住所:神戸市中央区琴ノ緒町5-4-8 TKP三宮ビジネスセンター

 

名古屋パートナーセンター:営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00

住所:名古屋市中区栄1-5-8 藤田ビル 2階

 

福岡パートナーセンター:営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00

住所:福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル6F TKP天神カンファレンスセンター

 

 

実際に新宿のパートナーセンターで登録してみた

ウェブ申し込み後、5日程で会場の案内メールが届いたので、最寄りの新宿パートナーセンターにお伺いをしました。

会場に着く前に、UberEatsドライバーのアプリをインストールしておくと、スムーズに手続きが出来るので事前に準備をしておきましょう。

 

Uber Driver - ドライバー用
Uber Driver – ドライバー用
無料
posted withアプリーチ

 

 

会場の受付が完了したら、1人ずつスタッフに業務内容や報酬の支払いに関する説明をしてくれます。

この説明してくれる内容は、とっても簡潔。

・アプリの使い方

・支払いの仕組み

・自動車保険について

・支払いのスケジュール

・銀行口座情報の登録

上記の内容を分かりやすく説明していただきました。時間にしてだいたい10~15分程度。

その後、配達用バッグの使い方等を説明があり、アカウントの有効化を行ってくれます。

 

会場でかかった時間は、受付時間をいれても30分くらい。とってもスムーズでした。

※平日の13時くらいは、結構狙い目かもしれません

 

思った以上にスムーズにアカウントの有効化が済んだ場合には、近くで自転車をレンタルして、試しに配達デビューを行ってもいいかもしれません。

主要都市の近くには、赤チャリが用意している場合が多いですかね!

UberEatsの申し込み方法まとめ

UberEatsの配達員になる為の手順をまとめると

配達員になるための3ステップ

①アカウントの作成

②必要書類の提出

③パートナーセンターでアカウントの有効化

所要時間はウェブ申し込みを行ってから、5日程度で配達員をスタートできそうです。

ABOUT ME
タクミ
独身暮らしの一人部屋を、めちゃくちゃカッコよくする発信を始めたコーディネーター。 一人暮らしのインテリアの相談はLINEからお待ちしてまーす!